「天賦人権論」の「天」とは儒教の「天」であってキリスト教の唯一神じゃありませんよという話。

 

 

天賦人権論(テンプジンケンロン)とは - コトバンク

 

これは自分でも忘れないようにしておくためのメモでもあるのですが、要するに、

西洋においてもキリスト教普及以後から中世以前の宗教の権威が強かった頃は「命や権利は神様が与えてくだすったものだから、人間はそれに感謝して神に仕え、神の教えを守る義務がある」みたいに考えられていた訳です。

近世の啓蒙思想の時代になると理性によって宗教的思考が否定され、そこから人には(神に与えられたのではなく)「生まれながらに」「自然に」権利があると考えられるようになり、これが「自然権」と呼ばれるようになりました。つまり、権利は神によって上から与えられたのではなく、元々生まれながらに自然に持っているものだ!という思考な訳ですね。

ところが、この思想が明治初期に日本に入って来た時に不思議なことが起きます。

「自然に持っている」という意味を当時の日本人はそのままの意味では理解できなかったのでしょう。だから「原始儒教的な宇宙万物の主宰としての天の観念」(世界第百科事典 第2版)が媒介し「自然」が「天賦」になってしまったのです。上から与えられたことを否定して生まれた自然権が、日本では「天に与えられた」ものになってしまうのです。

さて現代においてはこれがさらに捻じ曲がった様相を呈します。「天賦人権論」は「自然権」の日本独自の誤訳であったにも関わらず、現代日本では「西洋の人権思想」=「天賦人権論」=「人権とは(キリスト教の)唯一神が人々に権利を与えてくだすったものである」という珍妙な誤解が広まっているのであります。これには勿論「アメリカ独立宣言」の文言の影響もあるでしょう。しかし自然権の思想は唯物論的、無神論的な社会契約説を元に生まれて来たのであり、「アメリカ独立宣言」はこれを当時のアメリカ人に解りやすく伝えるための方便のようなもので、これは本来の「自然権」の発想とは対極だと言えましょう。

桜と富士と天皇と

こんなツイートがありました。

 

以下は自分のツイートのまとめ 

 

 

 

 

地下鉄でクラシックのBGMを流すんだとか…

tetsudo-shimbun.com

 

うーむ、やめて欲しいです。

 

www.tokyometro.jp

http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20180124_1.pdf

 

で、以下これについての(主に)自分のツイートのまとめです。

 

 

 

 

 

 

 

ヘイトが蔓延する時代のベートーヴェンとマーラー

何だか大仰なタイトルですが、別に深い分析とかではなく個人的、主観的な内容です…

 

以前にも書いたような書いていないような気もするのですが、私は中学生の時にドヴォルザーク交響曲第7番に感動してからクラシック音楽を聴くようになり、当初はそのドヴォルザークを中心として、同じように19世紀後半に活躍していたチャイコフスキーとかブラームスといったあたりに触手を伸ばして行った訳ですが、やがてマーラーの音楽に出逢います。

中学生の頃の私はやはりある種の「中(厨)二病」的感性がありましたから(この「中(厨)二病」という言葉は世代や個々人によって意味合いが多少異なるようですが、ここで言っている意味は、ニーチェの「ツァラトストラはかく語りき」を十分に理解できぬまま無理矢理読破して「俺も超人になるぞ〜!」みたいに思ってしまうような痛々しい感性だと思って下さい)マーラーのひたすら長大で意味有りげな交響曲はとても良く効きました。そして何を思ったのか「俺も偉大で長大な交響曲を死ぬまで10曲くらい書きたい」と考えて、それまで全く弾いたことのなかったピアノや和声や対位法を学び始めてしまったのです。

結局の所、作曲の才能は無かったようで音大は声楽科を卒業し、その後自称プロ最底辺声楽家になってしまいました…

まあそんな訳ですから、若い頃の私にとってはマーラーはあらゆる音楽の頂点、神のような存在でした。理由は非常にシンプルで、自分にとって最も感動できる音楽だから、というものです。マーラーに次ぐ存在はワーグナーブルックナーでした。バッハやベートーヴェンにも感動はしましたが、あくまでマーラーを頂点とする後期ロマン派にむけて音楽が進化し続ける途上にある「発展途上音楽」というのが正直な印象でした。

しかしやがて、巨大な感動の裏にある種の空しさを感じることに気付きます。

ファウストの天上への救済が描かれる第8番、永遠の春を夢想して終わる「大地の歌」、天国とも天上とも極楽浄土ともいえるような形而上学的な架空の理想世界へ救済されることをひたすら夢想するような9番、10番の終幕。いずれもある種の現実逃避のような側面があることに気付きます。

ブルックナーワーグナーにも結局は似たような側面があり、ブルックナーでいえば甘美な祈りに耽る8番のアダージョ長調で終わりながらも全体に悲劇的な色調の9番のアダージョワーグナーも最後の楽劇となったパルジファルの最終幕では全体にゆっくりとしたテンポで宗教的妄想の要な救済が描かれます。

このように、現実を離れた架空の巨大な世界に浸って救済を願うような姿勢は1848年の革命が失敗した後の時代の空気が影響しているのかもしれません。

 

「ほんとうに優れた芸術なら、その感動に空しさは覚えないはずでは?」などと思ってしまった私は、「空しさの無い真の感動」とやらを求め、しばしばクラシック音楽の世界で最高峰とされるバッハ、モーツァルトベートーヴェンにその「真の感動」を求めてみたのでした。まあ、そこにはこの三人の音楽が最高であると理解できる者が真の通である、みたいな権威主義に無意識に影響を受けていた面もあるのかもしれません。

後期ロマン派趣味の私にとって一番自然に共感できるのはバッハです。バッハにはブラームスやレーガーに似たドイツ的叙情があります。合唱でロ短調ミサなどを歌ったこともありますから、その対位法の巧みさが舌を巻くようなものであることもわかります。

モーツァルトは正直苦手でしたが、真剣に聴けば人間的感情を排したような独特の宝石の様な美しさがあり、そこに思わず涙しそうになったこともまあ無くはないです。モーツァルト信奉者の文章には「モーツァルトこそが飛び抜けた天才、モーツァルトが解らない奴は馬鹿。モーツァルトのわかる奴こそ真の通」みたいな雰囲気がしばしばありますから、私も頑張って理解してみようと努めてみた訳です。しかし、モーツァルトを聴きたくない時にラジオやカフェのBGMで聴こえてくるモーツァルトの音楽には時に神経を逆撫でされるような不快さを感じるのも事実です。

ベートーヴェンでは第9交響曲のフィナーレで「おお友よ、こんな調べではなく」とか、最後の弦楽四重奏曲での「そうでなくてはならぬ!」に示される通り、直前のゆっくりとした安らかな音楽を否定し、人間たる者ウジウジしていてはいかん!明るく快活で常に前向きだあるべき!という、人間のあり方に関する理想主義的なメッセージを感じます。常に前進し力強く闘い続ける、というこの態度は社会運動家や革命家にも、あるいは資本主義の歯車の一つとして働き続ける企業戦士にも理想的な態度ではあります。まあ悪い方へ進めばブラック企業自己啓発セミナーやカルト宗教にもなってしまう訳ですが…

音楽のみならず、芸術において価値が高いとは、どの様に判断されるべきなのでしょうか?単に「自分が最も感動するから」という判断方法も勿論ありでしょう。それとは別に客観的に判断してみようとした時に、技術が優れているとか、格調が高いとか、時代に与えた影響が大きいとか、作者の(実生活ではなくあくまで作品を通して示される)精神的態度が素晴らしいとか(?)などなど、色々な側面が総合的に判断されてゆくのでしょう。そんな中で、クラシック音楽においては伝統的にバッハ、モーツァルトベートーヴェンが最高だという価値観があり、まあそうなのかな?そうなのかもしれないなあ、というようには感じました。

ただ、ベートーヴェンに関していえば、かれは反動的なメッテルニヒ体制の下に暮らしていたとは言え、結局は人間と人間社会、その未来を信じていたのではないかと想像できます。

これに対してマーラーは、1848年の革命の失敗以後の時代に生きていただけでなく、ユダヤ人として当時のヨーロッパで有形無形の差別を受けながら生きてきたのであり、いつまでったても差別を止めない人間社会とその未来についても結局は絶望していたのではないか?とも考えられなくもありません。

いわゆる「マーラー・ブーム」が起こり始めた時代は冷戦後期であり、ボタン一つで人類が世界を滅ぼす可能性がありました。また環境破壊が進み、人類とは万物の霊長でもなく神に姿を似せて作られた選ばれた種族でもなく、世界を滅ぼすただの愚か者であるかもしれないと考えられ始めた時代でした。人類と未来に希望を持てなくなった時代だった訳です。個人的には冷戦終結後の時代の「マーラー・バブル」の頃の演奏には薄っぺらなものも感じなくもありません…

話は変わりますが、私はここ数年ますます日本の未来には希望を持てなくなりました。蔓延する差別とヘイトスピーチ、自慰的な愛国主義と排外主義…極端な差別や自慰的排外主義を主張するものがあくまでごく一部としても、その危険性に気付こうともしない大多数の人々…。今後、戦前の様な軍国主義が復活したとしても全く不思議ではありません。そんな中で、どうやって生き残り、身を守って行くか…そんなことも考えています。

最近改めてクレンペラーの指揮でマーラーの第9交響曲を聴きましたが、中年となった今でも、バッハやモーツァルトベートーヴェンのどの曲よりも大きな感動を受けたのは事実です。「格調の高さ」とやらでは確かにベートーヴェンには及ばないのかもしれませんが、特に最終楽章における、この世のものとは思えない至純な崇高さの出現は、私にとってはバッハやモーツァルトベートーヴェンでは決して味わえないものでした。自分に嘘はつけません。

考えてみれば、真に優れた芸術なら、空しさのない充実感を味わえるはず、という考えが間違いでした。鑑賞した後に幸福感を感じるか、むしろ虚無感や恐ろしさを突きつけられるかは、芸術の価値の上下とは何の関係もなかったのです。快活な幸福感に包まれるから偉い、というのであればカルト宗教も偉大な芸術になってしまいます。

また、最も偉大な音楽芸術は何か?とか、歴史上最も偉大な作曲家は?とかいうことを考えること自体がそもそも既にどこか馬鹿げているのでしょう。自分にとって大切な音楽は何か?自分の今後の人生にとって大切な音楽は何か?そういう視点の方を今後は重視して行くべきなのかもしれません。

 

 

逆走自転車に対する対処法について

何年か前に警察が自転車の違法行為に対する取り締まり強化を打ち出したが、現在も自転車の車道逆走(右側通行)は一向に減らず、警察が取り締まる気配もない。

個人的に感じるのは、車道と歩道が分かれていない道路では逆走自転車が増えることである。ママチャリやクロスバイクは平然と逆走している。言うまでもないが、「車道と歩道が分かれていない道路」は全体が車道であり、当然このような道路でも自転車は左側通行である。以前は路側帯(歩道のない道路の隅に引いてある白線が引いてある場合の白線より側端側)のなかでは自転車の右側通行(つまり右側の路側帯を走ること)が認められたが、2013年12月1日の法改正によって禁止となった。また、白線が引かれていない道路の即端は「路側帯」ではなく単なる「路肩」であり、これは法改正以前からそもそも自転車の右側通行は認められていない。

ある程度自転車を愛好する人に取っては、逆走自転車は実際迷惑な存在である。

自分が道交法に則って車道の左側を走っていて、前から逆走自転車が来る。後ろからはトラックやバスなど大型車が来る。普段でさえ大型車の幅寄せで怖い思いをすることは多いのに、違法な逆走自転車によってさらに危険な思いをする可能性がある。

とある対処法

逆走自転車に遭遇した場合にはとある対処法が提唱されている。是田智、小林成基共著『自転車はここを走る!』(えい出版社、2012年)の96〜98頁においてNPO法人自転車活用推進研究会の小林成基氏が提唱している方法で、実践する人もいらっしゃるのではないだろうか。これは、

1.左端の走行位置を保ち、逆走者に左側は譲らない。

2.逆走者も進路を譲らないなら停車し、逆走者を車道の中央よりにやり過ごす。

3.すれ違ってから逆走者に「自転車は左側通行ですよ」など声をかける。

である。小林氏はこの方法を提唱する理由として、

A.順走者(正しく左側を通行している側)が車道の中央寄りに避ける、という方法では、逆走者は自分の間違いに気付かず、危険な逆走者が減らない。

B.正しく法律を守っている順走者が、法律を破っている逆走者の為に、自分からより危険な車道の中央寄りに出る必要はない。

などを挙げている。

 

では私自身が上記1. 2. 3.のうち、1.と2.を実戦してみて感じた問題点について書いてみたい(さすがに3.を実戦してみる勇気はありません…)。

 

この対処法を一部実践してみて感じた限界と問題点

A.まず、逆走者に間違いを気付かせる効果に付いては、殆ど無いのではないか、という印象である。これは仮に上記3.をも実践したとしてもたいして変わらないのではないだろうか?

逆走者のほとんどは、自分が違法な悪い行為をしているという自覚はない。大半は「自転車は左側通行」ということ自体を知らないか、又はそれを知っていたとしても、そんなものは現実の生活においていちいち守る必要はない単なる建前の一種、と考えている(車が来なければ赤信号を渡る歩行者と同じ心理である)。

このような人を相手に上記の方法を行っても、相手は「変な人に嫌がらせをされた」という印象しか持たない可能性はある。

このように「変な人に嫌がらせをされた」という印象しか相手に与えられないとすれば、逆走者がとてもガラの悪い人物だった場合、無用なトラブルに巻き込まれる可能性もあるかもしれない(幸いまだ私はそのようなことにはなったことはないが…)。あるいは、逆走者が登下校中の女子中高生などだった場合、「変な人に嫌がらせをされた」と保護者や教員に報告されれば、女子学生を狙った不審者が出没している、などという誤解に基づく不名誉な噂を広められる可能性もあるかもしれない(実際登下校中に逆走してくる中高生も男女を問わず多く、上記の方法で対処したことは何度もある)。

B.逆走者に危険な車道の中央寄りを走らせる、ということは、裏返せば「法律を破る悪い奴に危険な側に追いやる」という復讐の精神がないとも言えないのではないか?という疑念がある。これについて小林氏は順走者からは迫る車は見えないが、逆走者からは見えているので問題ないとような書き方をしている(言うまでもなく順走者にとって自動車は背後からやってくるが逆走者には前からやってくる。日本で歩行者が右側通行なのはこの面から安全だと考えられる為だろう。ただし、車両と歩行者の通行側が逆なのは先進国では稀らしい)

ただし逆走者の方が相対速度が大きく(自転車20km/h、自動車40km/hとして、順走者の自動車との相対速度は20km/h、逆走者は60km/hである)、この点から来る別の危険性(接触した時の衝撃の大きさ、自動車の側からの回避の難しさ)もあると考えられる。特に道幅が狭い場合、この危険性は高い。

仮に(あくまでも仮にの話だが)、中央寄りにやり過ごした逆走者が後ろからやってきた自動車と接触して大怪我または死亡した場合、法的には「あなたは道交法を守っただけなので責任はありません」と判定され法的責任を問われたかったとしてもても、道義的に全く責任を感じずに済ませることは出来るのだろうか?

また逆走者放任の現在の警察の様子から考えると、上記1. 2. の行動に理解が得られず危険な行為だと判断されれば、法的責任を一切問われないということはありえるだろうか??

 

ではどうするのか?

客観的に考えた場合、逆走者に対する最も「大人な」対応は、自分から車道の中央寄りに避ける、という多くの人が行っている方法であろう。是田氏は「私はよけて注意しますね」としており、逆走者を右側に(つまり自分から車道の中央寄りに)避けながら「自転車は左側通行!」と注意してるイラストが載せられている。ある意味王道であろう。しかし実際に「自転車は左側通行!」などと言うのは私には無理だ。この右に避けるという方法を逆走者に対する注意なしに無言で行えば、小林氏が言うように逆走者に違法性を啓発する効果は一切無い。ただし、逆走の危険性と違法性の啓発は本来は警察の役目であり、順走者の役目ではないともいえる。しかし警察はそんな啓発に力を入れている様子はなく、逆走者を取り締まる気配もない。ただし、上でも書いたように、上記小林氏の方法に逆走者を減らす効果があるのかどうかも疑問である。

結局の所、自分が今でも上記の小林氏の提唱する方法のうちの1.と2.をなるべく実践しているのは、違法な行為を行う人に、その違法性と危険性に気付いてほしいという思いがあるのと同時に、逆走という危険な違法行為をする輩に個人的にも一矢報いて溜飲を下げたい、という心理があるのも事実だ…。

 

今後、この小林氏の提唱する方法をやめるのか、続けるのか、自分の中でまだ答えは出ない。

(6月11日にかけて部分的に追記、加筆、推敲を行いました)

 

「メロディ」って何だ?

またもツイートのまとめから。

 

 

 

 

 ちなみにツイッターでは新しいものが上に表示されますから、ここでは逆に矢印は上向きだと考えて頂けると助かります。

 

で、結局、何をもって「美しいメロディ」と感じるかは本当に個人の趣味の問題でしかないんだなあと感じざるを得ない訳です。

例えば完全に十二音技法で書かれているシェーンベルク弦楽四重奏曲第3番、4番あたりについて「メロディがない」というならまだわからなくもないのです(個人的には、弦楽四重奏曲第3番、4番あたりについてもメロディはあると感じますが…良いメロディかそうでないかは別として)。

しかし「グレの歌」なんて完全に後期ロマン派音楽であって、これを「メロディがない」みたいに感じる感性は私には理解できません…

キーン氏は件の文章でシェーンベルクを貶した後でロッシーニを始めとした前期ロマン派イタリアオペラの「メロディ」を讃えるのですが、

私の場合、ドヴォジャークの交響曲からクラシック音楽を好きになり、その後チャイコフスキーマーラーブルックナーブラームスなどからクラシック音楽の世界に入って行き結局、前に書いたようにレーガーとかシェックとかマルクスといった後期ロマン派の寂れたどん詰まり終着駅みたいな音楽が好きになってしまったタイプなので、何だかんだで19世紀後半から20世紀初頭の音楽のメロディが最も自然に楽しめるメロディだったりします(後には古典派音楽や前期ロマン派音楽の良さも解るようにはなりましたが)。正直言うとオペラならドイツオペラやロシアオペラの方が好みです。

これは別にどれが偉いとか正しいとかの話ではなく、完全に個人の趣味、感性の話なんでしょうね…。実際、私の耳にはロッシーニのオペラよりブルックナー交響曲シェーンベルクの「グレの歌」の方が美しい旋律が多いと感じるのは事実ですし、「メロディは死滅したのか」という文章の冒頭に「グレの歌」を出す感覚は本当に理解し難いです…

 

5月30日追記

 

シューマンとマーラー

以下は自分のツイートから。

 

 

若い頃はマーラーこそ史上最高の作曲家、圧倒的な音楽の神だったのですが、オッサンになってくるとそうでもなくなってくる、というのはやはり精神的に老けてきたんだなぁ、とも感じる訳です。

じゃあ今では作曲家としてマーラーシューマンはどっちが好きか、といわれると、うーむ難しいところです。今後この二人のうちのどちらかしか聴けません、となったら、やはり今でもマーラーの方を選ぶような気がします…。

芸術としての高さ(なんてことはそう簡単に断言できるものではありませんが)から考えれば、やはりバッハやモーツァルトベートーヴェンといったところが最高なのでしょうね。しかし、客観的に考えた芸術性の高さと自分の好みというのはやはり別です。

とうわけで現在は古典的格調とロマンとを兼ね備えたような音楽、ブルックナー、レーガー、シェック、フランツ・シュミット、ヨーゼフ・マルクス、エゴン・ヴェレス、ミャスコフスキーといったあたりが一番好きですね…

ブラームスも好きですが、オッサンになってくるとあのウジウジしたような寂しさは聴いていて辛いものがあります。